都島区京橋 肋間神経痛の予防方法【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|都島区京橋 優包手整体 愛の花

       

都島区京橋 優包手整体 愛の花(ついてるケアグループ)

  • HOME
  • MENU
  • ACCESS
  • TEL:0669499052
  • ネット予約はこちら
       

優包手整体 愛の花  国家資格 柔道整復師
治療家大学 講師

〒534-0024 大阪市都島区東野田町4丁目19-3(近隣にコインP有)

クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のアクセスページが開きます


クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のWIXページが開きます

大阪市都島区の京橋・肩こり専門 優包手整体 愛の花は土日祝日も営業・ご予約優先制で待ち時間無し・お子様連れやベビーカーの方も歓迎です。アットホームな雰囲気で、気さくなスタッフがお出迎えします!

都島区京橋 肋間神経痛の予防方法【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|2018/07/11

【肋間神経痛の症状と原因】
くしゃみや背伸びをした時に、胸のあたりに痛みを感じるなんてことありませんか。
胸に痛みを感じると、何か大きな病気じゃないかと気になってしまいますよね。
そんな胸のあたりに出る痛みは、肋間神経痛かもしれませんよ。

神経の中には、背中から胸のあたりの肋骨に沿って走っている神経があります。
その神経に痛みが発してしまうことを、肋間神経痛といいます。
肋間神経痛というのは厄介な症状であり、チクチクするような非常に嫌な痛みが出るのに、いざ病院で検査をしても異常がみられないというパターンがよくある症状です。
そのため、なかなか病気として成立してもらえない症状ともいえます。

肋間神経痛の症状は、前触れ無しにいきなり起きることが大半です。
胸や肋骨の左右のどちらか片側に痛みが出ることが大半であり、痛みが出るのはたった数分のみの短期間です。
針を刺したような、鋭い痛みを発してしまいます。
以下のような時に、肋間神経痛が発生する傾向があります。

・呼吸
・くしゃみ
・セキ
・胸を広げる
・体をねじるなどの退位変化

このような動作をする時に、痛みが出たり強くなることがあります。
胸だけではなく、人によっては肺や背中、脇腹などに痛みが発することもあります。
そのため、肋間神経痛の痛みや症状は様々といえます。

【肋間神経痛の予防方法】
つらい肋間神経痛ですが、予防方法があります。
これらの予防方法で、肋間神経痛になりにくい体質にすると良いですよ。

・生活にゆとりを持たせる
緊張した状態が続くと、体がこわばってしまい背中や肩の筋肉に負担をかけてしまうことで、肋間神経痛になりやすい状態にしてしまいます。
ゆとりある生活を心がけ、緊張状態を無くすようにします。
几帳面な人や神経質な人は緊張状態が続きやすい傾向があるので、細かいことはあまり気にしないように生活をすると良いでしょう。
深呼吸したり、心にゆとりを持ちましょう。

・筋肉をほぐす
筋肉への負担が肋間神経痛を生むので、筋肉をほぐしておくと肋間神経痛になりにくい体質になることができます。
特によくある筋肉の緊張といえば、同じ姿勢をずっと行っていることです。
読書をしたりスマホ操作をしたり、タブレットやパソコン作業をしていると、知らず知らずのうちに筋肉は硬直してしまうものです。
1時間に1回は伸びをしたり、ストレッチを行って体をほぐすようにしましょう。

・体を冷やさない
特に女性に多いのが、体を冷やしてしまうことです。
体が冷えてしまうと筋肉が縮んで硬直してしまい、神経痛が起きやすい体質にしてしまいます。
体を温めるようにし、冷やさないようにしましょう。
薄着はせず皮膚を出さない服装ににし、湯船に浸かるなど体を温めるようにしましょう。
飲み物は、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を口にするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
肋間神経痛というのは、日ごろの生活習慣を変えるだけで改善することもあります。
肋間神経痛になりにくい体質になって、辛い肋間神経痛を起こさないようにしましょう。

都島区京橋 肋間神経痛の予防方法なら、「優包手整体 愛の花」にお任せください。

ご予約・お問い合わせ|都島区 京橋 優包手整体 愛の花

予約制につき
1日の診察人数に限りがございます!

HPを観てご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい!!

今すぐご予約ください!都島区 京橋 優包手整体 愛の花の電話番号は06-6949-9053


     

都島区 京橋 優包手整体 愛の花

受付時間
10:00~22:00
定休日
金曜日

営業時間表