都島区京橋 パニック障害の治療方法【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|都島区京橋 優包手整体 愛の花

       

都島区京橋 優包手整体 愛の花(ついてるケアグループ)

  • HOME
  • MENU
  • ACCESS
  • TEL:0669499052
  • ネット予約はこちら
       

優包手整体 愛の花  国家資格 柔道整復師
治療家大学 講師

〒534-0024 大阪市都島区東野田町4丁目19-3(近隣にコインP有)

クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のアクセスページが開きます


クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のWIXページが開きます

大阪市都島区の京橋・肩こり専門 優包手整体 愛の花は土日祝日も営業・ご予約優先制で待ち時間無し・お子様連れやベビーカーの方も歓迎です。アットホームな雰囲気で、気さくなスタッフがお出迎えします!

都島区京橋 パニック障害の治療方法【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|2018/07/01

【パニック障害の症状と原因】
パニック障害というのは、数秒単位や数分以内にピークに達する、反復する不安発作です。
そのため、明瞭な身体気質因子のない精神疾患です。
ふいに出現してしまう自制心を失いそうな激しい恐怖感により、動悸、発汗、ふるえ、息苦しさ、胸の痛み、悪心、めまい、寒気、ほてり、感覚異常などの身体異常を発してしまいます。
1度で終わらず、また似たような発作が起きるのではないかという不安感により、再度発作が起きてしまうという流れです。
パニック障害というのは、パニック発作とよき不安、広場恐怖の3つが症状といえます。

パニック障害になる人は意外と多く、国内に9.2%もいると言われています。
不安を持っていてパニック発作から抜け出せない人は、意外と多いということがわかります。
今や、珍しい病気ではないということといえます。

パニック障害が起きる原因は、まだ十分に解明されていません。
不安障害なので心理的要因が原因ではないかといわれてきましたが、心の原因だけではなく脳内神経伝達物質系が関係している脳機能異常も原因ではないかとも言われています。

【パニック障害の治療方法】
パニック障害の治療は、不安障害の治療となります。
薬物療法と精神療法の2つがあり、以下のような内容となります。

・薬物療法
パニック障害の場合、パニック発作を消滅させる事が大事となります。
それには薬物療法が有効的であり、徐々にパニック発作が出にくい状態へとみちびくのが目的です。
パニック障害の薬物療法は症状が良くなっても辞めず、半年から1年ほど続けることが大事となります。
その理由は、パニック障害は再発しやすい病気だからです。
急に薬を止めてしまうと、頭痛やめまいなどが出ることがあり、また元に戻ってしまうこともあります。
根気よく薬を飲み続けて、パニック発作が起きないようにしましょう。

・精神療法
初期段階の場合は薬物療法だけで充分に改善しますが、初期以外の除隊の場合は精神療法も並行して行っていきます。
精神療法の内容は、患者さんにより様々です。
例えば、これを行うと発作が起きるなどの原因がある場合は、その動作に対して少しずつこう行動して改善していこうなどのアドバイスをもらいます。
無理せずに少しずつ成功経験を積み重ねて、自信を付けてもらい徐々に症状を緩和させていきます。
また、不安の予兆がひどい場合は、最悪の自体を予兆してしまうクセを取り除く認知療法も行っていきます。
最悪の自体を予想しないようにするために、時間が経てばその自体は自然と収まっていくなどの考え方を植え付けていくなどの考え方です。
認知療法は自分でも行うことができる治療方法なの、慣れてくると自分で行うこともできます。

いかがでしたでしょうか。
パニック障害の改善は、影響を及ぼす要因を減らしていくことで改善へとみちびくことができます。
時間をかけて行い、徐々に以前のように戻っていくようにしましょう。
パニック障害は必ず治りますので、自己効力を付けて乗り越えましょう。

都島区京橋 パニック障害の治療方法なら、「優包手整体 愛の花」にお任せください。

ご予約・お問い合わせ|都島区 京橋 優包手整体 愛の花

予約制につき
1日の診察人数に限りがございます!

HPを観てご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい!!

今すぐご予約ください!都島区 京橋 優包手整体 愛の花の電話番号は06-6949-9053


     

都島区 京橋 優包手整体 愛の花

受付時間
10:00~22:00
定休日
金曜日

営業時間表