都島区京橋 足底腱膜炎をやわらげる方法【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|都島区京橋 優包手整体 愛の花

       

都島区京橋 優包手整体 愛の花(ついてるケアグループ)

  • HOME
  • MENU
  • ACCESS
  • TEL:0669499052
  • ネット予約はこちら
       

優包手整体 愛の花  国家資格 柔道整復師
治療家大学 講師

〒534-0024 大阪市都島区東野田町4丁目19-3(近隣にコインP有)

クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のアクセスページが開きます


クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のWIXページが開きます

大阪市都島区の京橋・肩こり専門 優包手整体 愛の花は土日祝日も営業・ご予約優先制で待ち時間無し・お子様連れやベビーカーの方も歓迎です。アットホームな雰囲気で、気さくなスタッフがお出迎えします!

都島区京橋 足底腱膜炎をやわらげる方法【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|2018/06/21

【足底腱膜炎の症状】
足底腱膜炎とは、足の裏の指の付け根からかかとの骨までを覆う、幅広く薄い膜のような足底腱膜が炎症を起こした状態です。
以下のような症状がある場合は、足底腱膜炎の可能性が考えられます。

・かかとの骨の少し前を押すと痛い
・朝起きてすぐに歩くと足の裏が痛い
・立ち仕事をしていて足の裏が痛い

足底腱膜炎になりやすい人は、足の裏を酷使している人です。
多いのはマラソンランナーやジャンプを繰り返すスポーツを行っている人に、多いと言われています。
特に、40~60歳代の、マラソンやエアロビなどの足全体に負荷がかかることを行っている人が多く、年間200万人もの患者さんがいると言われています。
また、肥満度が高い人にも多く、BMIが30以上の人にも多いと言われています。
さらに、足首の関節が元から固い人も、足底腱膜炎になりやすい傾向があります。

足底腱膜炎は放っておけば治ると思う人もいるようですが、慢性化してしまいます。
徐々に症状がひどくなって、耐えられない程の症状になってしまうこともあります。
足裏がおかしいなと思ったら、放置せず対処するようにしましょう。
また、何もしなくても足裏に痛みなどの違和感がある場合は、他の病気を発症している可能性もあります。
そのため、放置したままでは絶対にいけないのです。

【足底腱膜炎をやわらげる方法】
足底腱膜炎って、辛いですよね。
でも、症状をやわらげる方法があるので、是非実践してみましょう。
これらのケア方法で、辛い足底腱膜炎が楽になっていきますよ。

・靴にインソールを入れて履く
靴の中にインソールを入れて履くとクッション性が高まるので、足裏への負担を軽くすることができます。
土踏まずをサポートしてくれるインソールが効果的ですので、そのようなインソールを入れて歩くようにしてみましょう。

・足を温める
足を温めることで血管が拡張するので、血流をよくすることができます。
足底腱膜炎は慢性的な炎症なので、温めて血流を良くすることはかなり効果的な方法といえます。
湯船に浸かったり厚い靴下をはくなど、足裏を温めるケアをしてみましょう。

・足裏をもむ
足裏をもみほぐすことで、痛みが和らぐことがあります。
土踏まずを中心に、もみほぐしてみましょう。
ベビーオイルなどのオイルを使って揉むと、揉みやすくて便利ですよ。

・整骨院や接骨院で診てもらう
整骨院や接骨院では、足底腱膜炎の根本的な部分をほぐして治療をしてくれます。
症状が緩和されず不安な場合は、接骨院や整骨院の先生に相談をしてみましょう。

いかがでしたでしょうか。
足底腱膜炎は、適度な治療を行うことで8割の人が改善すると言われています。
治らないと思い放置せず、ケアをして改善へとみちびくようにしましょう。
足裏は歩く為に大切な部位ですので、そのような部位が調子が良くないではこの先困ってしまいます。
いつまでも快適に足裏を使えるように、軽度のうちにケアをしましょう。

都島区京橋 足底腱膜炎をやわらげる方法なら、「優包手整体 愛の花」にお任せください。

ご予約・お問い合わせ|都島区 京橋 優包手整体 愛の花

予約制につき
1日の診察人数に限りがございます!

HPを観てご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい!!

今すぐご予約ください!都島区 京橋 優包手整体 愛の花の電話番号は06-6949-9053


     

都島区 京橋 優包手整体 愛の花

受付時間
10:00~22:00
定休日
金曜日

営業時間表