都島区京橋 すべり症の治療【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|都島区京橋 優包手整体 愛の花

       

都島区京橋 優包手整体 愛の花(ついてるケアグループ)

  • HOME
  • MENU
  • ACCESS
  • TEL:0669499052
  • ネット予約はこちら
       

優包手整体 愛の花  国家資格 柔道整復師
治療家大学 講師

〒534-0024 大阪市都島区東野田町4丁目19-3(近隣にコインP有)

クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のアクセスページが開きます


クリックすると都島区の京橋 優包手整体 愛の花のWIXページが開きます

大阪市都島区の京橋・肩こり専門 優包手整体 愛の花は土日祝日も営業・ご予約優先制で待ち時間無し・お子様連れやベビーカーの方も歓迎です。アットホームな雰囲気で、気さくなスタッフがお出迎えします!

都島区京橋 すべり症の治療【都島区東野田町・ストレートネック、むち打ちなど 首が痛い人の優包手整体 愛の花】|2018/05/01

【すべり症の原因と症状】
すべり症とは、腰椎の椎間板の中にある椎体と椎弓が離れてしまい、椎体が前の方にずれてしまう状態をいいます。
椎体と椎弓が離れてしまう原因は、先天性と後天性の2つの原因があると言われています。

・先天性の場合
先天性の場合は生まれつきの状態であり、高度なすべり症となってしまうことがあります。

・後天性の場合
後天性の場合は、スポーツなどで繰り返し負荷がかかった場合の疲労骨折が原因と言われています。
体質的要素もあり、肥満などでも発生してしまうこともあります。
近年は、後天性原因によりすべり症になる人が増えています。
後天性の場合は、骨の変性や変形、筋力の低下、筋肉に疲労の3つの原因によるなってしまうことがあると言われています。

すべり症の最も多い症状は、腰痛です。
軽度な腰痛や、鋭く重い痛みの腰痛の場合もあります。
また、足のしびれや痛みを発する場合もあります。
以下のような症状が出る場合、すべり症の可能性が考えられます。

・長時間立っていたり同じ姿勢を取っていると、腰に鋭い痛みが発生する
・腰を後ろに反らすと痛みが強くなってしまう
・体を前に倒すと腰やお尻に突っ張ったような感覚がある
・片側もしくは両足にしびれや痛みが出ている
・数十分歩くと足がしびれてしまい、少し休むと改善し歩くことができる

すべり症の診察は、レントゲン検査で行います。
しかし、すべり症であってもレントゲンに所見が出ない場合もあり、その場合はCTやMRIで検査を行う場合もあります。

【すべり症の治療や対策方法】
すべり症の治療や対策方法は、以下の方法で行います。

・患部を温める
患部を温めることで血流が良くなり、筋肉がほぐれて痛みが緩和されていきます。
カイロを貼ったり温湿布を貼ったり、湯船に浸かって患部を温めてあげましょう。

・コルセット着用
急性期のすべり症の場合は、6か月程コルセット着用で骨融合を期待します。
使うコルセットは、専門医の指示の元で型取って作るものを使います。
市販のコルセットでは効果は出ませんので、勘違いしないようにしましょう。

・薬物療法
痛みに対して、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを使って治療を行います。

・神経ブロック注射
痛みが緩和されない場合、神経ブロック注射を行います。

整骨院や接骨院で、腰の反りを改善させすべり症の緩和ができます。
病院では1度滑ってしまった骨を元に戻すのはむずかしいと言いますが、症状の緩和はできます。
すべり症に詳しい整骨院や接骨院じゃないと改善しないので、口コミなどをチェックしてかかるようにしましょう。

・手術療法
日常生活に支障が出ており保存療法で待ってく改善しない場合は、手術療法を行います。
除圧術と固定術の2つの方法があり、よく専門医に相談をして決めるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
しびれや痛みがおかしいなと思ったら、まずは専門医に相談をしましょう。
レントゲンなどで診てもらい、症状が軽度であれば然程心配はいりません。
保存療法で改善する場合が多いので、適切な保存療法で改善へとみちびきましょう。

都島区京橋 すべり症の治療なら、「優包手整体 愛の花」にお任せください。

ご予約・お問い合わせ|都島区 京橋 優包手整体 愛の花

予約制につき
1日の診察人数に限りがございます!

HPを観てご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい!!

今すぐご予約ください!都島区 京橋 優包手整体 愛の花の電話番号は06-6949-9053


     

都島区 京橋 優包手整体 愛の花

受付時間
10:00~22:00
定休日
金曜日

営業時間表